モニュメント・墓石
  • 美しさと気品を兼ね備えた「徳山みかげ」が、
    心やすらぐ空間を演出します。
  • 年月が経ってもその美しさを保ち続ける「徳山みかげ」。豊富な原石の中から、傷やムラのない上質の素材を厳選しており、モニュメントや墓石用石材としても幅広く利用されています。また、職人による洗練された加工技術で、あらゆるご注文に対し柔軟にお応えします。
モニュメント
  • ■TO THE SKY 16.5m

     (山口県周南市 周南市総合スポーツセンター)

     デザイン:元東京芸術大学学長 澄川喜一

    平成4年、周南市(前:徳山市)総合スポーツセンターの前庭に誕生し、ひとつの石で作られたモニュメントとしては日本最大級の大きさを誇ります。200t以上の黒髪島でもかつてない規模の巨石を切り出し製作され、露出した自然の割肌とシャープな研磨面が見事に調和した、文化都市・周南市にふさわしいモニュメントです。

  • ■青春交響の塔 10m

     (山口県下関市 アルカポート)

     デザイン:元東京芸術大学学長 澄川喜一

    下関の新しい観光スポット“あるかぽーと"に平成14年に建設された巨大な記念碑です。刀をイメージした二本の石柱が空中で微妙に接し合う、緊張感のある彫刻で、幕末の志士、高杉晋作と坂本龍馬のレリーフ像が配されています。採石から製作まで黒髪島にて一貫して行われました。

  • ■虹を越えて(福岡県北九州市 北九州空港)

     製作:彫刻家、淺野徳三

    新北九州空港の正面玄関横にあるモニュメントです。このモニュメントは、空高く弧を描く虹の上を希望を乗せた旅客機が越えて行く様を、そしてこの虹は新空港と各都市を繋ぐ幸せの架け橋でもあり、旅客機は未来を創る子どもたちの夢を表しています。

  • ■山口県庁(山口県山口市)

     デザイン:元東京芸術大学学長 澄川喜一

墓石
 黒髪石材株式会社 へのお問い合わせはこちら